PC・通信 ショッピング 情報

素人、Amazonアソシエイト合格秘話。180日以内に3回以上適格販売条件突破の壁。

スポンサーリンク

合格までの経緯

まず、僕がどういう人物なのかを過去をさかのぼって紹介。

元々、光インターネットのプロバイダ(OCN)から提供されていたgooブログを趣味で活用してました。

最近はUPしてませんが、2020年10月22日現在は37記事あり、

gooブログの集計では、2020年5月頃、200位前後となりました。

 

このころから、有益化したいと思い始めました。

そして、2020年9月1日、エックスサーバーを契約し、ドメイン取得。

そしてワードプレスを開始。

Gmail

 

が、ワードプレスに苦戦する。

10月21日現在も苦戦してる。

 

そして、

9月11日頃から、Googleサーチコンソールやアナリティックスの設定などに取り掛かる。

多分、この頃、Googleアドセンスへ申請も出したかと思うけどメールが見つかんない。

 

9月21日、Amazonアソシエイトに申請。

このサイトと、Twitterを申請しました。

 

Gmail

 

Twitterは2017年4月からスタートしたもので、

10月22日の現時点でフォロー349、フォロワー106。

Twitter

 

9月29日、Googleアドセンス、一発合格。

Gmail

 

 

10月13日。

Amazonの注文が発生。

出典元:AmazonーAmazonアソシエイトー自身のアカウント一部

 

13日に8件。

14日に7件。

20日に2件。

そして、10月21日。

Amazonアソシエイトの正式確認のメールが来る。

承認メールが来るまでに発生した注文は17件でした。

Gmail

 

180日以内に3回の注文が必要ですが、約5.6倍売れて無事にクリアしました。

 

必要なこと/実施したこと

相手の気持ちになって考える。

この「相手」というのは、AmazonさんやGoogleさんのこと。

元々、このサイトを立ち上げた目的は、収益化。

立ち上げる際には既に目標とあったのが、AmazonアソシエイトとGoogleアドセンス。

 

AmazonやGoogleの製品を紹介や褒めるブログを書きました。

 

Amazonさんや、Googleさんがこの記事を見たかは疑問ですが、

こうした記事は、ないより、あった方がいいという結論と、

そもそも、Amazonアソシエイトを今後行う予定であるなら、

「あった方がいい」とかでなく「必要」なんだよね。

商品紹介記事を書く上で、練習であったり、今後のために必要なんですよね。

 

そこで、

Amazonで購入したことのある商品(ルーター)や、

Amazonプライムデーの紹介や、

Amazon商品紹介の記事を書きました。

 

承認メールが届くまでに実際に書いたAmazon関連の記事は8記事。

余談ですが、Googleさんに対するアピール記事も同様に書きました。

Android11の情報であったり、Pixelの情報など。

 

これらは必ずしもではないのですが、ないより、あった方がいいかと思います。

仮に自分がAmazonやGoogleの人間だったら、どういう人にプログラムに参加して欲しいかという考えを持つといいかも知れませんね。

これらの記事の有無はポイントになるかも知れません。

 

実施したこと

Amazonアソシエイト・プログラム運営規約では次の文言をお使いのサイトで明確に表示することが求められています。 「Amazon.co.jpアソシエイト」または「[乙の名称を挿入]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。」
この文言を訪問者を Amazon に誘導するリンクがあるサイトのメインページに掲載するようにします。 ソーシャルメディアのユーザーが作ったコンテンツでは、メンバーのアカウントに関連付ける必要があります。これは「コンテンツについて」または「コンテンツ情報」のセクションで行うことができます。

引用元:Amazon-Amazonアソシエイト-ガイドライン

引用は、2020年10月22日現在の情報に基づく

 

これが、実施されてないと、180日以内に折角、3回以上の販売が発生しても落とされる可能性があります。

一発合格で、落とされなかったので、コレをやらなかった場合に「警告メール」や「注意メール」があるのか分かりません。

警告なしで落とされる場合もあるかも知れないので、上記は実施しときましょう。

 

商品を紹介する場合

セール対象商品や、価格の変動が起きそうなものには

「〇年〇月〇日現在の情報です」

「セールは〇日に終了します」

などの一言を添える。

 

これくらいですかね。

特に「不誠実」「不確か」な情報を与えないよう、一般常識内で行っていれば問題はないようです。

 

必要ではなかったこと

プライム会員登録。

僕はプライム会員ではありません。

 

どうやって売った?

Amazonプライムデー様様です。

数え間違いがなければ、プライムデーの2日間で27ツイートしました。

ブログ広告からではなく、おそらくTwitterから注文が入ったのかなと思います。

とにかく、投稿しまくりました。

 

感想

ブログ始めて間もない人が手を出すものではないですね。

今回、運よくプライムデーが来たゆえの実績です。

 

180日以内に3回以上の販売は極めてムズかしいと思います。

 

1日にかける時間にも左右されると思いますが、

半年くらいは、サイトの構成作りや、記事の本数、質を高めたほうがいいかと思います。

 

また、Twitterなどのフォロワー数も。

自然に増えてきたというものを作り上げたほうがいいかなと思います。

上記に書いたように、プライムデーがあってこそクリアできたようなもの。

通常では相当頑張らないといけないです。

 

僕のようにブログ始めて2か月で合格は特例だと思います。

完全にプライムデーの運。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ブルーライン

Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 楽天アフィリエイト・プログラムの参加者です。

-PC・通信, ショッピング, 情報

© 2021 AZ BLUE LINE