ルール・規則・法律 情報 日常

名古屋市 市営住宅建替え事業について 引っ越しの準備やペットなどの心構え

スポンサーリンク

市営住宅建替え

名古屋市公式サイトの「市営住宅の建替事業」のページによると、

 

名古屋市の市営住宅は、昭和40、50年代に大量に建設されています。今後これらの住宅が更新時期を迎えることから、ストックの有効活用を図りつつ、順次、高齢者等に配慮したバリアフリー住宅への建替えを行っています。

現在は、原則昭和45年度以前に建設された住宅を建替え対象とし、耐震性の有無、入居状況、移転先の確保等から判断して、順次、建替事業を実施しています。

 

引用元:名古屋市公式サイト ー 市営住宅の建替事業

 

とのこと。

(記載ページ 最終更新日2020年9月17日の情報)

 


 

 

出典元:名古屋市公式サイト ー 市営住宅の建替事業

 


原則45年以前の建物が建替え。

これが、1年経つ度に、46年以前、47年以前、48年以前・・・の建物を原則建替えとなるのか、現在、名古屋市に以下の内容で確認中です。

自分のところは、51年に建設されていてるので、「あと5~6年後には対象となるのかな」という感じです。

名古屋市から返答があり次第、追記します。

※以下で追加しました↓↓↓※


 

出典元:名古屋市公式サイト ー 市営住宅の建替事業 ー 問い合わせ確認

 

追記

入居者の方へ

日頃より市政に対し、ご理解・ご協力を賜り、誠にありがとうございます。

お尋ねの件についてですが、現時点で昭和51年度に建設された住宅は、建替対象団地ではありません。

また、現在は、原則昭和45年度以前に建設された住宅を建替対象としていることから、昭和51年度に建設された住宅が、5~6年後に建替えとなる見通しはありませんので、よろしくお願いいたします。

引用元:名古屋市からの返信メール

との返信が2021年2月26日に来ていました。

現在2021年6月18日。

追記を忘れていました。完全に自分のミスです。名古屋市からは早々に返信が来ていました。

遅ばせながら、追記しました。ごめんなさい🙇‍♂️🙇‍♂️🙇‍♂️

 

この回答からするに、45年度以前に建設された住宅は建替え対象となってるようですが、それ以降は順次ということではないようですね🤔?

建築技術が飛躍的に上がったのでしょうか?

素人的には、技術そのままで建ててるなら、1年経つ度に、46年以前、47年以前、48年以前・・・の建替えが必要となりそうな気がしますが。

どうなんだろう?


現状建替えは予定にないようですが、場合によっては、引っ越しを余儀なくされるので、引っ越しの準備をしておくとよいでしょう。

 

ナイショでペットを飼っている人など、心の準備も必要です。

名古屋市住宅供給公社の市営住宅に関するよくある質問において、ペットの飼育は禁止とされています。

 


 

 

出典元:名古屋市住宅供給公社 ー 市営住宅に関するよくある質問

 


 

新規で建てたところへ優先的に、引っ越しを案内されるのか、数ヶ月、どこかで住んでから、建替えたところへ再度引っ越しの「する」「しない」を選べるのか分かりませんが

この住民達の引っ越しのタイミングは重なる可能性があるのと、新規の入居者もいるはず。

引っ越しの際、人の通りも多く、ペットの持ち込みは目に付くので難しいでしょう。

新設したばかりもあり、管理の人も出入りしてるかも知れません。

最悪、話がこじれる場合もあるでしょう。


 

こちらの記事もオススメ

高まる自治会、町内会、不要説。年々下がる加入率。もはや要らない。

続きを見る

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-ルール・規則・法律, 情報, 日常

© 2021 AZ BLUE LINE