うんちく ルール・規則・法律 情報 日常

自治会や町内会、PTAは任意団体である!強制的な入会は違法!脱会の方法と違法性について解説

スポンサーリンク

自治会や町内会、PTAは、住民や保護者のための任意団体ですが、中には強制的な入会を求めたり、脱会させにくいなどの問題が起こっています。

ここでは、その違法性や問題点について、解説していきます。

 

【自治会や町内会、PTAは任意団体であること】

自治会や町内会、PTAは、法律上、任意団体に分類されます。

参加や入会は自由で、誰でも入会・脱会ができます。

そのため、強制的な入会や、強制的な会費の徴収は違法行為となります。

 

【強制的な入会は違法】

自治会や町内会、PTAに入ることを、住民や保護者に強制的に求めることは違法行為です。

自治会や町内会、PTAが自治体や学校によって設置されている場合でも、それらに強制的に加入することを求めることはできません。

 

【脱会させにくい問題】

自治会や町内会、PTAに入会したからといって、必ずしも永続的に入会しなければならないわけではありません。

しかし、脱会しようとすると、手続きが煩雑であったり、脱会が認められないなど、脱会を困難にする問題が起こることがあります。

また、自治会や町内会、PTAからの逃げ場がないと感じる住民や保護者もいるため、入会を余儀なくされることがあります。

 

【違法性】

自治会や町内会、PTAに対して、強制的な入会を求めたり、脱会を妨げるような行為は、法的に違法行為に該当します。

自治会や町内会、PTAが、不当な会費の徴収をした場合には、詐欺罪や恐喝罪に該当することもあります。

-うんちく, ルール・規則・法律, 情報, 日常

© 2023 AZ BLUE LINE