ガジェット 情報 日常

フィリップス アンバサダープログラム プロテクトクリーン<プレミアム>

スポンサーリンク

以前(2019年4月18日)、gooブログにて掲載していましたが、現在、個人ブログを立ち上げて「記事の引っ越し方法」が分からず消えてしまったので書き直し再投稿です。

写真もTwitterで投稿したものを使います。

当時はスマホがショボくカメラもショボかったので申し訳ないのですが、現在、歯ブラシのヘッドは使用中で少しだけ毛羽だっています。

今はスマホを新しくしたんで、これからの商品紹介は綺麗になります

 

本体紹介

 

本体は、一般的に市販されている歯ブラシよりも6.5cm程大きい。

本体を横にした場合は、ヘッドの部分(本体との連結部分)が前に倒れている。

 

ブラシの紹介

 

使用について

ホワイトとガムケアモード、弱、中、強の本体が持つパワーそのものは一緒だと思う。

ブラシが密集してるおかげかガムケアモードはホワイトより、よりパワフルに感じ歯垢を寄せ付けなさそうに感じます。

左がホワイトで、右がガムブラシ

自身の歯の状態に合わせブラシを選ぶといいでしょう。

 

パワーは3段階の、弱、中、強とありますが、僕は強を使っています。

歯ブラシを手でしっかりホールドするよりも、支える程度がオススメです。

より歯の中で振動して歯を磨いてくれます。

 

僕が一番最初に感じたのは、そのパワー。

 

手磨きでは決して味わえない振動と、そのパワーは一度やったら手磨きに戻れません。

 

そして一番気に入っているのは、

奥歯や歯の裏側を磨くこと。

手磨きの場合、奥歯を細かく磨くことは難しいのですが、コレで磨くと歯に沿わすだけで細かく磨いていってくれます。

裏側もそう。手磨きの場合だと、狙った歯だけにブラシを繰り返し当てることは難しいですが、コレなら沿えるだけで磨けていけます。

手磨きのように、ブラシを前後させることをしなくていいので、狙った歯からズレることもなく、しっかり磨け、それでいて時短もできます。

 

歯磨きといえば食後。そして毎日。

毎回、時短です。年間、どれ程の時間を削減してくれるのか。

また、上記にも書いたようにパワーがあるので、磨いた後は気持ちいいです。

「磨いた」という感じが本当に手磨きの非ではないです。

 

手磨きだと、時間だけ使って、磨き切れてない部分も発生すると思います。

 

そう思うと、本当に素晴らしい商品です。

持っていて損はないです。

 

歯について

僕はタバコを吸わないのでそちらに関しては何も言えませんが、コーヒーの黄ばみはなくなります。

そして、歯は綺麗になります。

 

で、よく言われる、ツルツルの歯に関してですが、手磨きと変わりません。

フィリップスさんとしては「ツルツルになりました」と書いて欲しいかも知れませんが、申し訳ないけど、それはないです。

 

言いますが、ツルツルになりましたと書く人というのは、僕の個人的な意見では「企業さんをよいしょしてる」だけに感じます。

 

コーヒーの黄ばみは取れて綺麗にはなる。

ツルツル度は手磨きと一緒。

 

言うけど、いいですか?

「ツルツルになりました。」

これが現実なら、歯が数ミクロン単位で削れてるということ。

言うなれば、歯のエナメルに傷がついているということ。

傷に汚れが溜まる原因にもなるし、虫歯になりやすい歯になるということ。

そして、そんな、使ってツルツルになる歯ブラシを使い続ければ、エナメルが削れ、いずれなくなるということ。

歯のエナメルは2度と復活しないと聞きます。

そして、さらには、歯がなくなりますよ。

 

だって、「使用したら歯がツルツルになりました」ってさ、完全に削れてるじゃん。

しかも、実感として分かるレベルで。

そんな歯ブラシって逆に危険じゃないですかね。

 

毎回、毎日、歯が数ミクロン単位で削れてるってことでしょ。

 

歯がツルツルになるってことは、歯が削れるからツルツルになるわけで、普通になるわけないじゃん。

なったらダメじゃん。

ツルツルになったという人は、少々嘘なのかなと思います。

歯がなくなるぜ。

 

僕は正直、この歯ブラシを使って、手磨き以上にツルツルの歯が手に入ったとは実感できていません。

手磨き以上に黄ばみは取れて綺麗になりました。

 

不満なところ

上の歯:左列、前歯、右列

下の歯:左列、前歯、右列

この上の歯と下の歯を合わせた、6つのブロックで振動時間が決まっているということ。

上の歯もしくは下の歯の左列を行っているとする。だいたい終わるという時点でブラシが一瞬だけ振動が止まる。

言うなれば、「次の歯のブロックへ移ってくださいね」という合図。

なので、磨き始めから終わるまでの1セットのうち、5回止まる。

そして最後のブロックで電源ごと止まる。

 

こっちは人間。

電源を入れて磨き始めてから歯にブラシを歯に沿わして行くが、その動かすスピードは毎回規則正しく正確にってことはできない。

なので、あ、まだ磨き終えてないよってことはある。

あるのに、歯ブラシ側は次へ行く合図として一瞬止まる。

 

親切心である機能だけど、いらないかな。

磨き足らない場合が多々ある。

 

そして、もう1つの不満点。

交換ブラシが少々高額かなと。

 

評価

個人的には、10点満点中7点。

不満なところに書いた、ブロックずつに一瞬止まる機能がいらない点、交換ブラシの点。

そしてもう1つ。

フィリップスさんの電動歯ブラシは子供用も発売されています。

この製品に関して言えば、振動の強さは強だけでいいかと。

弱と中というモーターの動きの切り替えのコストが余分なのかなと思います。

 

手磨き以上に、楽で、磨いた後の爽快感はオススメですし、毎回、毎日が時短できるのもいい。

そして、奥歯や、歯の裏側のブラッシングも行いやすく、ちゃんと磨けるのもいい。

コーヒーの黄ばみもなくなるし。

磨き心地はパーフェクトです。

持ってて損なしの一品であることは間違いなしです。


 


こちらの記事もオススメ

XP-PENのペンタブ Deco 01 V2を紹介!

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ブルーライン

Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 楽天アフィリエイト・プログラムの参加者です。

-ガジェット, 情報, 日常

© 2021 AZ BLUE LINE